WEBの情報って・・・どう? 〜 子供の身長を伸ばすには



WEBの情報って・・・どう?

近頃、インタネットからの情報でとても気になる話があります。

「牛乳はよくない。飲ませない方がよい」

「インフルエンザ予防接種は全く効果なし」

という話です。

「牛乳はよくない。飲ませ内容がよい」というのは、
カルシウムを補うために牛乳を飲んだ方が良いと言われて育ち、さらに子供達にも積極的に牛乳を勧めている私としては、全く持って耳を疑う話です。

母乳というのは子供を育てるために作られるもので栄養分に富んいて、牛の母乳である牛乳もカルシウムのみならずさまざまな栄養素が豊富に含まれているらしいのですが、主成分であるタンパク質の種類が人間の母乳と牛の母乳(牛乳)では異なるため、人間には適してないというのが理由のようです。

そして、牛乳は人間の子供の成長に適していないだけでなく、将来のがんの発生率を高めたりするという調査結果もあるとか・・・

「インフルエンザ予防接種は全く効果がない」という話、
毎年かかさず、家族全員がインフルエンザの予防接種を受けている我が家にとっては、かなりショッキングな情報でした。子供達は2回接種が基本なので、家族5人全員で24000円という大きな出費だったので・・・

12月ごろからのインフルエンザの流行期に備えて、今週末にでも予防接種を受けに行こうと思っていた矢先でしたので、戸惑っています。もともと、予防接種を受けたからといって100%インフルエンザの感染を防ぐことはできないと話は聞いていたので、インフルエンザにかかった時に症状を少しでも和らげたいとう期待からの接種でした。

ところが、WEBの情報では、インフルエンザの感染には全く防ぐことができないばかりか、発症を防ぐ効果も期待できない。発症したときに症状を和らげるという事実もないという話。インフルエンザで肺炎などを併発しやすい高齢者に限っては、受けていた方が精神的に安心できる効果が見込めるという話。

現在、インフルエンザ予防接種は、65歳以上の高齢者だけが国の費用助成の対象となっていて、子供や大人など高齢者以外はすべて自費であるのは、効果が見込めないからだという話もあり、なんだか納得してしまいました。そして、国民全体でのインフルエンザの接種率も50%に満たないらしいのです。

牛乳の話も、インフルエンザ予防接種の話も、
新聞やテレビで放送された情報でないので、その信憑性に関しては確かではないのですが、海外の研究機関の発表をもとにした情報だったり、免疫学学会のトップの講演内容を裏付けにしていたり、十分に説得力のある情報でした。

ということで、これまで信じていたこととは違う、WEBの情報に戸惑いを覚えるこの頃です。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.