成長期(思春期)の身長の伸び具合 〜 子供の身長を伸ばすには



成長期(思春期)の身長の伸び具合

1年間の身長の伸び平均値
seichouritsu_shishunki.png
(情報元:スクスクのっぽくん )
(赤枠:成長期の身長の伸び)

成長期は身長のラストスパート

 身長がグンと伸びる成長期(思春期)が終わると、その後の伸びはわずかで、1~2年もすると身長はほとんど伸びなくなります。

栄養不足・睡眠不足は背が伸びない原因

 成長期の背を伸ばすために必要な栄養分(カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンDなど)の不足は、骨を伸ばす材料が足りずに身長の伸びが悪くします。バランスのとれた食事を心掛けましょう。
 また、睡眠に体内で作られる成長ホルモンは骨を作り身長を伸ばす働きをしますが、睡眠不足は成長ホルモンの量を減らし、身長の伸びを悪くします。十分で深い睡眠が大切です。
 成長期の子供たちは必要とする栄養分の種類も量も多いため、食事のみで必要な栄養を補うことはとても難しいと言われています。この様な場合には、子供向けのカルシウムサプリメント成長ホルモン分泌促進サプリメントなども身長を伸ばす効果があります。
関連ページ : より身長を伸ばすためのサプリメント

成長期の年齢は?

 そもそも成長期とはいつのことを言うのか、人によって捉え方が様々ですが、一般的に女子は10歳〜12歳くらい(小学校高学年〜中学校低学年くらい)、男子は12歳〜15歳くらい(中学校から高校低学年くらい)と言われています。
 この成長期は、人の体が特に活発に成長している時期になります。身長の伸びがよい人では、1年間で10cmほど伸びることもあり、生後を除く一生の中でもっとも身長が伸びる時期となります。

伸びる時期に大切なのは、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠

 身長が伸びる時期だけではありませんが、体の成長には栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠が何よりも大切です。
 栄養バランスのとれた食事といっても、大量に食べる過食はNGで思春期を早め最終身長を低くしてしまいます。カルシウムはもちろんタンパク質やミネラルやビタミンなどをバランスよく、普段の食事から摂取することが大切です。
 バランスの良い食事のポイントは、多くの種類の食材を食べることです。しかし、一般家庭で準備できる食事には限りがありますので、どうしても偏ってしまう際には子供用のサプリメントなどを活用するのも良いでしょう。

栄養が十分でも、伸びが悪い場合は成長ホルモン

 栄養を十分に摂取しているにもかかわらず、身長の伸びが悪い場合には、成長ホルモンの量が少ないことが考えられます。
 体内で分泌される成長ホルモンは、とくに深い睡眠時に多く分泌されることが知られていおり、成長ホルモンを作る材料となるアミノ酸を中心とした栄養分も必要となります。
 成長ホルモンを増やすためにも、十分な睡眠と栄養分が必要になるのです。最近では、成長ホルモンの分泌を自然な形で増やすサプリメントも発売されており、利用者も増えています。

スポーツはより身長を伸ばす

 余談ですが、部活でバスケットをしていたら、身長が高くなったということを聞いたことはありませんか?バスケットはシュートをするためやパスを出すために、より遠くに投げようとしたり、より高く跳ぼうとするスポーツです。骨や体が成長期にある時、そのようなスポーツで骨に衝撃が加わることで、骨の成長を促進するとも言われています。

成長期と思春期の関係

 だいたい成長期と思春期は時期が一致するため、同様に扱われることがおおいのですが、この思春期の始まりは成長ホルモンや性ホルモンと大きな関係があるようです。  最近の研究では、思春期つまり成長期が訪れが遅くなるほど、成人してからの身長(最終身長)が高くなることが分かっています。


関連ページ
→ 身長を伸ばす有効な子供向けサプリメント



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.