病院に行くなら 〜 子供の身長を伸ばすには



病院に行くなら

まずは身近な小児科から

「うちの子、低身長症かな?」と病院へ行くならば、まずは行きつけや近所の小児科で診察を受けて相談してみるとよいでしょう。

行きつけや近所の小児科で、低身長症の疑いがあれば、専門の病院を紹介してくれます。このときに書いてもらう紹介状がないと、専門の病院が大病院の場合に追加料金3000円〜5000円が発生してしまいます。

低身長の原因にもよりますが、成長ホルモン分泌不全の場合には内分泌科となるので、各地域の拠点病院など、内分泌科のある比較的大きな病院が紹介されます。


病院に行く際には必要な情報を揃えよう

最初に行く行きつけや近所の小児科で診察を受ける際から、これまでの子供の身長の記録や両親の身長などの情報は大切な判断材料となるため必要になります。

子供の身長の記録は、母子手帳、幼稚園や保育園での身体測定の記録などが役立ちます。自分で記録している場合にはそれもあった方がよいでしょう。身長のみでなく体重の情報も必要です。

よく忘れがちなのが、両親の現在の身長や幼いころの身長です。病院へ連れていくのがママならママ自身の身長はもちろんわかりますが、パパの身長は意外と忘れていたり幼いころの身長などは知らなかったりします。あらかじめパパから聞いておくとよいでしょう。

また、食事内容や睡眠時間、運動しているか?、精神状態なども診断材料として聞かれる場合があるので正しく把握しておきましょう。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.