抱っこが減る年頃 〜 子供の身長を伸ばすには



抱っこが減る年頃

子育てをして思うのですが、子供が成長するにつれて、抱っこをされなくなる年頃というのがやってきます。

子供はいつまでも抱っこされたい気持ちはあるので、子ども自身が抱っこを卒業とか飽きた、そういう問題ではありません。

抱っこする側の問題で、子供が成長するにつれて増える体重に耐えられなくなるという理由です。

順番としては、先ずは祖母・祖父、そして、保育園や託児所の先生、親戚や知人、最後にママやパパという感じでしょうか。

抱っこする人の筋力にもよりますが、おおよそ10kgを超えると長時間の抱っこは難しくなり、15kg近くになると体力のある男性でも負担を感じるようになります。

また、祖父や祖母は10kg近くになると、腰を痛める危険を感じて、自然と抱き抱えるという行為はしなくなってきますね。

うちの子も体重が17kg近くになり、すっかり抱っこされる機会が減ってしまいましたが、たまに無理して抱っこやおんぶをしてあげると、心底から嬉しそうなニコニコ顔になります。

親としては、いつまでも抱っこしてやりたいと思うのですが、いづれ限界がやってくるのですね・・・

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.