病気だと分からなかった時の苦悩 〜 子供の身長を伸ばすには



病気だと分からなかった時の苦悩

成長ホルモンの注射を毎日するというのは、親子共大変なことです。

薬液は生ものなので、一ヶ月毎の通院が必要でしたし、毎年友人は特定疾患受給の更新のために子供を検査に連れて行ったりもします。

「それでも、病気だと分かっただけ戦いようがあるから。子供と一緒に努力していけるから」

と、友人は言います。病気が分からなかった時は、身長が低いことや小食なことが自分の努力不足なのはと悩んでいたそうです。

毎日食事を工夫し研究し努力しても、子供の身長は伸びる様子がなく、食欲は一向に増加しません。

「こんなに努力しているのに、どうして!」

と子供に当たってしまったこともあるそうです。

しかし、これも病気の一環で子供が小食であれば納得がいくものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.