家庭環境の影響も 〜 子供の身長を伸ばすには



家庭環境の影響も

両親の離婚
 子供にとって家庭環境はとても大切です。心身ともに栄養を補充する場所でもあり、安心を得る場でもあります。しかし最近では親の離婚率からみても、両親の不仲による子供のストレス・離婚による新しい環境へなかなか馴染めないなどで身長の増加が妨げられることが多いようです。
 身長を記録した成長曲線のグラフなどを見てみると、両親離婚時期に身長の伸びが落ち、環境が改善され馴染んだ頃に身長の伸びが回復するところが分かるそうです。

過度のストレス
 夜就寝時に多く分泌される成長ホルモンですが、朝に近づくにつれて分泌量が減少していきます。それと入れ替わりに、副腎皮質ホルモンが分泌量を増します。この副腎皮質ホルモン(コレチゾール)は、ストレスなどに対処する力を持っています。昼間は子供であっても多くの環境でストレスにさらされるので、これも大切なホルモンです。ですが、この副腎皮質ホルモンは、せっかく成長ホルモンが働いて得た骨や筋肉の材料をどんどん使っていってしまいます。
 小食の子供に、母親がもっともっと食べなさいと毎食口うるさく言ったりする光景がありますが、子供がこれを非常なストレスと感じてしまうと、せっかく食べたものが身にならないという現象がおきてしまいます。もっと食べて欲しい、その他に親の思いはたくさん子供に向けてありますが、ストレスは確かに身長増加の敵だということも覚えておきましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.