身長が伸びる時期 〜 子供の身長を伸ばすには



身長が伸びる時期

身長がよく伸びる時期は人生に2回ほどあると言われています。
関連ページ : より身長を伸ばすためのサプリメント

No.1 - もっとも身長が伸びる「生後の1年間」

IMG_2140.JPG
 もっともよく伸びるのは、産まれてから生後1年の間です。産まれたときの身長と比較して約1.5倍の大きさになります。体重は約3倍と言われています。大きく産まれると、おっぱいを吸う力が強いためどんどん大きくなるという好循環が生まれます。また、小さく産まれてもどんどん大きくなりますが、未熟児などはおっぱいを吸う力が弱いため、おっぱいを飲む量が少なく、大きく産まれた子と比較すると伸びが小さい場合もあります。

No.2 - 次に身長がよく伸びる時期 「思春期」(成長期)

boysgirls.jpg
 次によく伸びる時期は思春期(成長期)です。女子は男子よりも早く10歳から12歳頃に迎え、男子はもう少し遅く12歳から14歳頃に思春期を迎えます。おおよそ2年間とされるこの思春期が、とてもよく身長が伸びる時期となり、その後は少しだけ伸びるものの、ほぼ伸びが止まります。
 この時期にこそ、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンDなど背を伸ばすために必要な栄養素を十分に補給する必要があります。
 これらの栄養素を多く含む食材をタップリ食べ、食事のみで補えない場合には、子供向けの身長を伸ばすサプリメントなどで補充するとよいでしょう。

身長が伸びる時期は、思春期(成長期)まで
伸びに悪影響な、栄養不足には要注意!

 人生のうちで身長が伸びる時期は、生まれてからおおよそ思春期までです。身長の伸びのラストスパートとも言える思春期を過ぎると、その後の身長の伸びはほとんど期待できません。  最近の研究では、思春期が訪れる時期が遅いほど、最終身長が高くなる傾向にあることが分かり、思春期の前にどれだけ身長を伸ばせるかがポイントと言われています。

 身長を伸ばす上で何よりも大切なのが、伸びる時期に栄養不足や成長ホルモン不足にならないことです。骨を作る材料となるカルシウムなどの栄養分を十分に摂取することは昔から言われてきましたが、「他の栄養分や睡眠時間の不足」が体内で分泌される成長ホルモンの量が減る原因となり、身長の伸びに悪影響を及ぼすことが分かっています。

身長を伸ばす子供用サプリメント
成長ホルモン分泌促進サプリメント


1年間の身長の伸び平均値 (情報元:スクスクのっぽくん )
seichouritsu_shishunki.png
(赤枠:成長期の身長の伸び)

男女で違う思春期(成長期)の年齢

 小学校6年生では背が高い女子が多いけれども、中学校が終わるくらいになると、背が低かった男子の身長が急に伸び始め、抜かれてしまうということが多くみられるのもこの時期と重なっているからのようですね。

思春期の生活習慣が身長の伸びに大きく影響

 この思春期を迎える時期は個人によって様々ですが、乱れた食生活や夜更かしは、ホルモンのバランスが乱し、思春期の時期を早めて、身長の伸びる時期を短くすることがあるようです。やはり規則正しい生活習慣を取り入れることが大切なですね。

伸びる時期に大切なのは、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠

 身長が伸びる時期だけではありませんが、体の成長には栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠が何よりも大切です。
 栄養バランスのとれた食事といっても、大量に食べる過食はNGで、肥満が思春期を早め最終身長を低くしてしまいます。カルシウムやタンパク質はもちろん、マグネシウムや亜鉛・ビタミンDなどのミネラル・ビタミンをバランスよく、普段の食事から摂取することが大切です。
 バランスの良い食事のポイントは、多くの種類の食材を食べることです。しかし、一般家庭で準備できる食事には限度がありますので、どうしても偏ってしまう際には子供用のサプリメントなどを活用するのも良いでしょう。

関連ページ
身長を伸ばす栄養分の子供向けサプリメント
身長を伸ばす食べ物
成長ホルモン分泌促進サプリメント



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.