良い生活習慣は身長を伸ばす 〜 子供の身長を伸ばすには



良い生活習慣は身長を伸ばす

 飢餓や貧困に喘いでいる国の子供たちの身長は、その年齢に比較して非常に低いです。そして、成長期にそういった必要な栄養を得られないまま大人になると、同じ系統の民族中でも身長が低いままとなる例があります。

 しかし現代日本においては、幸いなことに飢餓や貧困で子供たちが困ることがほとんどありません。今の日本の子供たちは、幼少期から成長期にかけての飢餓ではなく、生活習慣による問題を抱えているのです。


生活習慣を直そう

「どうやら子供の身長が低いのは、生活習慣にもあるのかもしれない・・・・。では、生活習慣を改めよう!」
と、成長期に差し掛かる頃思い立っても、一度ついた習慣というものはなかなか改善できるものではありません。食べ物の好き嫌いにしても、嫌いなものを今日からたくさん食べようとしても苦痛ですし、夜更かししていた子供が「今日から早寝!」と布団に入っても今まで活動真っ盛りの時間だったのに寝られるわけがありません。

 しかも子供を取り巻く環境はどちらかというと夜型生活が多く、24時間営業など夜遅くまで活動していても不便がないようにできています。毎食の主食以外のもので栄養価が望めないようなものでも、自分で気軽に買って食べることもできます。


幼児期からの生活習慣

 幼児期から良い生活習慣を身に着けるということは、その子供にとって一生の宝に近いものです。後々に生活習慣病などのために苦しんだり、そのために辛い節制をしたりしなくても良いからです。まして、幼児期から成長期までの伸び盛りを、習慣として意識しなくてもスクスクと過ごすことができます。

 少なくとも以下の習慣を幼児期から身に着けておきたいものです。

1 好き嫌いをしない
2 早寝早起きをする
3 朝食を必ずとる
4 陽の光を浴びて健康的に遊ぶ

 なんとなく、昔小学校の先生などに言われたような項目ですが、今は親の生活も多様化しているので、意外に難しいご家庭もありますね。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.