体育会系は身長にプラス? 〜 子供の身長を伸ばすには



体育会系は身長にプラス?

 子供にはたくさん栄養のあるものを食べさせて、たくさん睡眠をとらせ、たくさん運動して健康な身体になって欲しい。そこにきっと身長の伸びもついてくるでしょう。
 しかし、小学生の頃から早くも適度な運動というより激しいスポーツを始める子供もいます。そこには例えば将来サッカー選手になりたい、野球選手になりたいなどの夢があるのかもしれません。が、過度な運動は身長増加の妨げになるのです。

運動の目的
 そもそもの子供の運動の目的というのが、発育を促すためにあるものです。確かにスポーツをしていると勝ちたいとか勝ち進みたいとか、もっと上手になりたいという気持ちが芽生えてきて一生懸命になります。それは大切にしてあげたい。けれど、それ以上の例えば昔でいう体育会系シゴキのようなものは、成長ホルモン分泌を促進させるサイクルにとって害になります。子供の運動は食欲増進・健康な睡眠をもたらすもので、バテてしまっては本末転倒です。
 過度の運動をしてもよいのは、身長がある程度落ち着く高校生ぐらいからです。それまでは、マラソンなどもバテるまではよくありません。

どんな運動が適しているか?
 骨の発育にはある程度の縦方向の圧力が必要だといわれています。そこで、身長を伸ばすのに適している運動は、ジョギング・なわとび・ダンス・バスケットボール・バレーボールなどです。もっとも、バスケットボールやバレーボールの選手は元々身長が高い人がやっていたりするので、そこまで長身になるとは限りませんが。
 逆に適していないものは、過度に骨に圧力がかかるもの、例えば重量挙げなどです。また、いくら骨の発育に適しているといっても、そのスポーツを子供に強要するのもよくありません。骨の発育に必要な成長ホルモンの分泌にも子供の情緒が大きく関わるので、伸び伸び運動させてあげることが大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.