年齢別に見た身長と体重の平均 〜 子供の身長を伸ばすには



年齢別に見た身長と体重の平均

伸びる時期には、栄養不足と睡眠不足に要注意!

 身長が伸びるのは、おおよそ思春期までの限られた時期しかありません。

 この大切な時期に、身長を伸ばすのに必要な栄養分が不足していたり、成長ホルモンの分泌に必要な栄養分や睡眠が不足していると、必然的に将来の身長に影響します。

 栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠がとても大切なのですが、多くの子供たちが普段の食事では栄養が不足傾向にあります。

 そのため、最近では、どうしても普段の食事では不足してしまう栄養分を、子供用のサプリメント成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントなどで補う家庭が増えてきています。

関連ページ : より身長を伸ばすためのサプリメント
年齢別の平均身長・体重 
(情報元:スクスクのっぽくん )

 女子と男子で比較した場合、12歳頃まではそれほど違いが見られませんが、15歳になると男子が、身長体重ともにぐんと伸びていることが分かります。

 これは思春期が大きく関係しており、女子は10歳〜12歳頃に思春期を迎え、男子は12歳〜14歳頃に思春期を迎えます。その思春期を遅く迎えれば遅く迎えるほど、身長の伸びる期間が長く、身長が高くなると言われています。

 体重に関しても同じことが言えるでしょう。特に女子は体重の事を気にして、食事をきちんと摂らない子がいるということも聞きますが、これは逆効果のようですね。太りたくないのであれば、栄養のバランスのきちんと摂れた食事を3食しっかりと摂ることが大切です。食べたり食べなかったりすると、体内では、栄養の吸収を良くしようと脂肪を蓄えようとします。すると少ししか食べていないのに太りやすいといった体に変化してきてしまいます。正しい知識を身に付けて、しっかり成長して欲しいですね。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.