成長ホルモンと甲状腺機能低下症について 〜 子供の身長を伸ばすには



成長ホルモンと甲状腺機能低下症について

甲状腺機能低下症とは
 甲状腺とは喉の前部分の下、両側にある内分泌臓器です。脳下垂体から指令を受けると、甲状腺は身体の発育に必要な甲状腺ホルモンや、カルシウムの代謝に必要なカルシトニンを分泌します。
 甲状腺機能低下症というのは、この甲状腺の機能の働きが良くなく、甲状腺ホルモンの分泌が不足する病気です。生まれつきの場合は「先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)」といい、小学生くらいになって発症するものを「後天性甲状腺機能低下症」といいます。

甲状腺機能低下症になると
成長ホルモンが不足すると身長が伸びないという症状が現れますが、甲状腺ホルモン不足は背が伸びないというだけでなく、全身の代謝機能を維持するホルモンなので色々な症状がでます。倦怠感・記憶力低下・体温低下・脱毛などの症状が出てきますが、子供の場合はただ単に「動きが鈍い子だな」とか「覚えが悪いな」という程度で済まされてしまったりします。先天性であるクレチン症の場合は身長が伸びないというだけでなく、知能にも障害が出ることがあり、早期の発見治療をしないと取り返しがつかない場合があります。

成長ホルモンと甲状腺ホルモン
 成長ホルモンと甲状腺ホルモンに共通に関わってくるのは「脳下垂体」です。成長ホルモンが分泌されない主な理由の中には脳下垂体の障害があげられますし、甲状腺ホルモンが分泌される甲状腺に指令を出すのは脳下垂体です。この脳下垂体が身長を伸ばし成長を促進するのに非常に重要だということがわかります。
 成長ホルモン不足には成長ホルモンを注射する治療が有効ですが、甲状腺ホルモンは飲み薬のチラージンSとう薬を投与することで補われることが多いです。両方とも長期戦になります。

 どちらも薬だけを投与しても身長は思うようには伸びてくれません。その他に食事や運動・睡眠等が適正に行われていることが大前提になります。しかし、逆に考えてみると、親が一生懸命子供に食べるよう働きかけ運動に気を配っても、病気のために身長が伸びないということがあることを頭においておきたいものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.