高たんぱく質・低脂肪とは 〜 子供の身長を伸ばすには



高たんぱく質・低脂肪とは

 バランスの良い食事を摂りましょう!といいながらも、「特に」を指定します。重要な栄養は「タンパク質」です。タンパク質は骨や筋肉になりますし、身長の伸びには必須の成長ホルモンの分泌を促します。

高たんぱく質・低脂肪/strong>
 タンパク質が重要といっても、たくさん食べればいいというものではありません。どうしてもそこに脂肪分もついてくるので、食べすぎは肥満のもとになってしまいます。また、そうすることによって、せっかく摂取したカルシウムが流出する原因にもなります。そこで、タンパク質の量を取れて、脂肪は少なくすませる・・・高タンパク質・低脂肪を心がけようというのです。

「肉」
まず肉ですが、鶏肉が平均的に高タンパク質低脂肪です。特にササミはほとんど脂肪がなく、タンパク質もアミノ酸バランスが良いものです。次点は胸肉。モモは脂肪を取り除けば大丈夫です。量的にはササミはモモの2倍食べられる計算になります。豚・牛に関しては、双方ヒレとモモが適していますが、煮たり焼いたりして油を落とす工夫が必要です。

「魚」
魚は平均的に高タンパク質・低脂肪です。ただし魚の種類はタラなどは当てはまりますが、ブリなどは脂肪がやや多いです。マグロは部位によって違い、赤身は低脂肪ですがトロは脂肪たっぷりで高カロリーです。また、汚染物質はこの脂肪に蓄積しやすいので、美味しくはありますが、避けたいところです。

「大豆」
他には大豆も高タンパク質低脂肪です。「畑の肉」と呼ばれ、非常にヘルシーです。ただし、大豆には若干の女性ホルモン成分が含まれているので大量摂取は避けたいところです。タンパク質の種類としてはお米と非常に相性がよく、肉・魚に偏らない栄養を摂ることができます。


Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.