日本人の平均身長は? 〜 子供の身長を伸ばすには



日本人の平均身長は?

 今の日本人の平均身長は、男性が172cmで、女性が158cmだそうです。60歳前後の年代では、女性で158cmくらいの身長の人はめずらしいと思うので、やはり身長が伸びてきているということでしょうか。


昔よりも高くなった平均身長

 昔に比べると、日本人の平均身長は高くなってきているようですが、欧米人に比べると低いですよね。これは、体のつくりが関係していると言われています。黄色人種は、昔から農耕民族で、米やとれた作物などを食べてきました。それに比べて欧米の人たちは、狩猟民族で主に狩りをして食べてきました。何を食べてきたかによって、腸の長さがずいぶん違います。黄色人種の腸は、欧米人の人たちの腸に比べて、1.5メートルも長いようです。長年食べてきた食べ物が違うので、身長が違っているという話もなるほどと思います。

 日本人の平均身長の歴史を振り返ってみると、おもしろいことに縄文時代や弥生時代には身長が高かったと言われています。その後、だんだんと身長が低くなり、もっとも低かったのは江戸時代と言われています。その理由は諸説ありますが、成長に食べ物がかんけいしているとすれば、縄文時代や弥生時代の方が食べ物が豊富にあり、きちんと食べることができていたということでしょうか。

 今は、飽食の時代ですが、食べ物があることに感謝して、バランスのとれた栄養を摂るということが大切ですね。




↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.