成長ホルモン注射とは 〜 子供の身長を伸ばすには



成長ホルモン注射とは

成長ホルモンを外部から補う
 成長ホルモン注射は、低身長症の治療で処方される医薬品です。体内で成長ホルモンの分泌が不足している場合に、それを補うために直接体内に成長ホルモンを投与する注射です。タンパク質の一種である成長ホルモンは、口から摂取すると消化され分解されてしまうため、注射という方法で体内に摂取する必要があります。


自分で打ち成長ホルモン注射
 低身長症の治療では、成長ホルモンを病院で注射を打つのではなく、定期的に自宅で注射を打つ必要があります。そのため、子供が小さいうちは親が注射をします。一週間に3〜5回程度打たなければならないようなので、治療をするにあたっては、それなりの覚悟が必要となります。ただ、注射といっても、最近ではが細く作られていたり、針のないタイプなどもあり、個人でも使いやすくなっています。


低身長症の治療とは
 医者さんに診てもらって、「小児成長ホルモン分泌不全性低身長症」という病名で診断が下ると、成長ホルモン注射の治療を行うようです。低身長の病気を疑う目安となるのは、成長曲線で標準の身長や体重よりも2SD(SD=標準偏差)以上小さい場合です。他の子と比べてあまりに小さい場合、親としてもとても心配になりますよね。最近では、低身長症の専門の病院もあり、体内の成長ホルモンの量なども調べてもらうことができます。成長ホルモンの量があまりにも小さいと、「小児成長ホルモン分泌不全性低身長症」といったような病名で診断が下され、治療費にも補助が出るようです。
 もし、低身長に悩んでいる方がいらっしゃったら、これも一つの方法だと捉え、病院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

成長ホルモン注射よりも手軽で低コストな分泌促進サプリメント
身長アップのために有効とされる成長ホルモン注射ですが、医師の処方をもとに行われる必要があるため、専門の医療機関を受診したり、低身長症と診断される必要があるなど、費用も高額となり手軽には出来るものではありません。また、人工的に作り出した成長ホルモンを体内へ注入するという方法への抵抗感もあります。
近年では、体内での成長ホルモンの自然分泌を促進させるサプリメント(HGHデルタバランス など)が発売されており、低身長症の医療機関などでも使用されることが増えてきました。医師の処方などは必要ないサプリメントですので、手軽で低コストな身長アップの方法として注目されています。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.