運動と成長ホルモンの分泌の関係 〜 子供の身長を伸ばすには



運動と成長ホルモンの分泌の関係

成長ホルモンの分泌を促す運動
運動をすることによっても成長ホルモンの分泌が促進されることが分かっています。運動をして成長ホルモンの分泌を活発にさせ、食事を摂り、必要な栄養分をどんどん体に取り込んで消化していく。そして、眠ることで、さらに成長ホルモンを分泌させて、体を成長させていくという流れで、人間の体は、毎日のサイクルの中で少しずつ成長していけるようになっているのでしょう。

成長ホルモンの分泌について
体内で分泌される成長ホルモンの量は人ぞれぞれで時期によっても異なります。そのため、背が伸びるのが早いとか、年齢が増してから背が高くなるなど、同じ年の子供でも個人差が現れます。
背の伸びが遅い子供の中には、全体的に成長ホルモンの分泌量が少ない体質であることもあり、祖のような際には、成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントで体内での分泌量を増やしたり、成長ホルモンスプレーや成長ホルモン注射などで直接体内へ補給することがあります。

運動が作る身長を伸ばす良いサイクル、骨端線への刺激
 また、運動をすることは直接成長ホルモンの分泌を促す以外にも、子供が成長していくうえでとても大切なことなのです。運動による刺激が骨の骨端線に刺激を与えて、骨が伸びに良い影響を与えますし、運動することにより腹が減り、よく食べるようになります。そして、運動で疲れた後はぐっすり睡眠できるので、より一層、成長ホルモンの分泌を促すことになります。この良いサイクルを作り維持するためにも運動を取り入れることは大切なことだと思います。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.