身長と成長ホルモン 〜 子供の身長を伸ばすには



身長と成長ホルモン

身長を伸ばす働きかけをする成長ホルモン
 身長の伸びには成長ホルモンが大きく関係しています。そして、成長ホルモンの分泌を促すことによって身長の伸びがよくなると言われています。成長ホルモン分泌は、主に運動した後と、睡眠時に多くなり、睡眠中の夜10時から2時の間に多く分泌されるので、その時間にしっかりと睡眠がとれるようにしたいですね。
 しかしながら、現代の子供たちは、塾や習い事で忙しくしているので、夜早くに寝るということができにくくなっているのが現状です。子供たちの成長を考えると、どうしたらいいのか迷うところですよね。
seichouhorumon.gif
画像:HGHデルタバランス

成長ホルモンの分泌が多い思春期
 成長ホルモンの分泌量を、一生のサイクルで考えますと思春期に多くなるようです。女子、男子とも思春期を迎えると急激に身長が伸びるのはその働きなのです。そこで、この思春期に運動を活発に行ない、十分な睡眠をとり、しっかりと食事を食べることで、より一層、身長が伸びやすくなるのです。
 思春期を過ぎたら成長ホルモンは全くなくなるというわけではありませんが、それ以前に比べると分泌量が大幅に下がってしまうようです。 成長ホルモンが活発に分泌されて身長が伸びる時期は、大切にしなければなりません。

若返り効果のある成長ホルモン
 成人になってからは成長ホルモンがまったく分泌されなくなるわけではなく、どの年齢の人にも少量は分泌され続けるようです。 最近、若返りに効果があるということでよく成長ホルモンが話題になっていますよね。成長ホルモンには、基礎代謝率を上げる、肌のたるみやしわを減らすなどの効果も期待されているようです。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.