成長(身長の伸び)と運動 〜 子供の身長を伸ばすには



成長(身長の伸び)と運動

成長ホルモンの多く出す運動はいいことだらけ
tobibako.jpg
 運動をすることにより成長ホルモンの分泌が促されます。また、適度な運動により、食欲が増し、よく眠れるようになります。成長には睡眠は特に大切ですので、運動することは身長を伸ばす良いサイクルにつながるのです。ちなみに、成長ホルモンは、夜10時から2時くらいに特に盛んに分泌されるそうです。

過度な運動は逆効果
 ただし、激しい運動をやりすぎると、背が伸びにくくなる可能性があるようです。小学校低学年から練習がハードなスポーツをすると早くから筋肉がつき、それが男性ホルモンの分泌を促進させるようです。男性ホルモンが分泌されると思春期を早く迎えることになってしまい、骨の成長を早めて止めてしまうので、結果として低身長になる可能性もあります。ボディービルや重量挙げのように筋肉をつけるような過度な運動は避けた方がいいですね。

身長を伸ばすスポーツの種目
basketgoal.jpg
  身長を伸ばすために特にいいとされている運動は、縄跳び、ストレッチング、バスケットボール、バレーボール等です。どれも、体を伸ばしたり、ジャンプをしたりという動きを多く取り入れているスポーツです。バレーボールやバスケットボールの選手は、特に身長が高いですよね。身長が高いからそういうスポーツをやっている人もいると思いますが、そういうスポーツをやり始めて身長が伸びたという人も多いのではないでしょうか。高校の時に部活でバスケットボールをしていた私の妹は、私よりも少し身長が高いです。全身を使って、より高いところへジャンプしたい!という意識が、体の成長にも現れてくるのかもしれません。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.