子供の身長と遺伝との関係性 〜 子供の身長を伸ばすには



子供の身長と遺伝との関係性

親子の身長の遺伝は2〜3割
 身長における遺伝の影響は、一般的に2割から3割程度と言われています。親が小さいと子供も小さいという場合もあれば、親はどちらかと言えば背が低い方なのに、子供はとても身長が高くなったという話もよく聞く話です。そういうことから考えても遺伝だけが影響しているとは言えないようですね。


生活習慣の影響が大きい
 もう一つ身長の伸びに関係するものとして生活習慣やストレスがあるようです。仕事が忙しくてバランスのとれた食事が食べられなかったり、家でのしつけが厳しくストレスがたまったり、塾・習い事が多く睡眠時間が不足したり、このような状況下の子供たちは、平均して身長が低いという統計結果が出ているということです。


栄養・時間、ゆとりのある生活環境が大切
 普段の生活のなかで、身長が伸びやすい大切な成長期に、栄養バランスのとれた食事を与え、睡眠時間のゆっくりとれるゆとりある生活を過ごさせ、子どもに必要以上にストレスを抱えさせないようにケアしてあげることも、身長を伸ばすためには必要なことなのでしょうね。習い事や勉強に忙しい現代では、難しい課題かもしれません。


 遺伝していた場合にどのくらいの身長になるかを予測する計算式がありますので、参考にしてみてください。 



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.