子供にとっての食事とは 〜 子供の身長を伸ばすには



子供にとっての食事とは

食事は体を作る材料
5999410.jpg
 子供に限ったことではありませんが、人間の体は口から食べたものから作られます。つまり、食事から体が作られ、同時に成長や維持に必要な栄養素を摂取するのが食事なのです。健康な体をつくるために、健康な心を育むためにも必要なのが食事です。


食事で食べる量が少ない子どもは、おやつで補う
 子供は一度に食べる量が少ないため、それを間におやつを食べるという形で補っています。それをカウントすると一日に5回も食事をしていることになります。食事が楽しく、おいしく食べることが、体をつくる源にもなります。
 毎日ご飯をつくるお母さんには大変ですが、食事は子供の体の基礎を作るためにとても大切なものです。忙しいと、ついうっかり外食や弁当・総菜で済ませてしまったりしまいがちですが、もし、そういった場合でも体にいいものを選びたいですね。


添加物や保存料・着色料に注意
 今は飽食の時代です。スーパーに行けば何でも売っているし、ほとんどの物が手に入ります。だからといって便利なもので済ませてしまってもいいのでしょうか。お店で売られている加工食品には、添加物や保存料、着色料などが含まれています。そして、それらを食べ続けるとどのような結果に至るのかあまりよく分かっていません。歴史が浅いからです。子供の成長を、願うのであれば、できるだけ添加物などの入っていない、自然の物を食べることができるようにしたいですね。ひいては、それが子供の体格にも繋がってくると思います。


食事で足りない場合は、サプリメントで補給
毎日バランスの良くい食事をとり、バランスよく十分な栄養を摂取することは、なかなか難しく大変なものです。そんな時には、食事で不足している栄養分をサプリメントで補充してあげるのも一つの方法です。最近では成長に必要な栄養分をひとまとめにした子供用サプリメント(クスクのっぽくん)や、おやつとして手軽に食べられるカルシウムグミ;などもあり、子どもにも安心して食べさせることが出来ます。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.