身長が伸びる運動 〜 子供の身長を伸ばすには



身長が伸びる運動

7753600.jpg
運動は成長ホルモンの分泌を活発にする
 身長が伸びるのには成長ホルモンが関係しているようです。運動をするとその成長ホルモンの分泌が活発になります。成長ホルモンというのは、成長期に骨や筋肉の成長を促したりするものです。最近では、若返りの効果があるということで、話題になっていますよね。


縦方向に飛び跳ねるスポーツが身長を伸ばす
 バレーボールやバスケットボール、ダンスや縄跳びなどがいいと言われていおり、足や手を伸ばしたりジャンプしたりするような運動が特に身長が伸びることにいいようです。ただ、それだけでなく、単に体を動かす運動だけでも成長ホルモンの分泌を促し効果があるようです。


運動は食欲と良質の睡眠のもと
また、運動をすることによって、おなかがすくので、当然良く食べるようになりますし、疲れてよく眠るようになります。そうすることで、夜中にまた成長ホルモンの分泌が促されるという好循環が生まれるのです。成長ホルモンは、夜10時から2時くらいに特に分泌が盛んになるのだそうです。


過度な運動は逆効果
 ただし、気を付けていただきたいのは、適度に運動を行うということです。基礎体力をつけるための筋力トレーニングはいいのですが、そのやりすぎは逆効果なようです。激しい運動も逆効果です。激しい運動は、筋肉を硬くしてしまって、成長ホルモンではなく、男性ホルモンなどの性ホルモンの分泌を促進させてしまいます。その結果、思春期を早く迎えてしまい、体の成長がを早く止めてしまうということにもなりかねません。


 身長を伸ばすためには、普段からの栄養バランスのとれた食事と適度な運動が必要です。近代の食事では、カルシウムやビタミンDなど成長に必要な栄養素が不足する傾向がありますので、身長を伸ばすのに必要な栄養素を集めたサプリメントなどを使うのも良いでしょう。



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.