身長を伸ばすために思春期を遅らせる 〜 子供の身長を伸ばすには



身長を伸ばすために思春期を遅らせる

 身長を少しでも高くしたいのなら、成長期などの身長が大きく伸びる時期に出来る限り身長を伸ばすことが大切でしょう。成長期における運動や食事、そして十分な睡眠はとても大切です。一方、近年の研究では、成長期(思春期)が始まる時期を少しでも遅くすることが身長を伸ばすために有効な方法と考えられています。


思春期を遅らせることで身長がより高くするなるのはなぜ?
 思春期(成長期)には、性ホルモンが分泌されることによって、体が急激に成長をして、身長が伸びたり、女子だと胸が膨らんできたり、生理が始まったりします。また男子も夢精が始まったりするなど、体に大きな変化が見られます。この思春期の時期は、身長が大きく伸びる時期であることから成長期とも呼ばれ、その時期は2年ほど続きますが、その後は身長の伸びが止まってしまいます。また、この時期の身長はほぼ一定と言われています。そこで、思春期(成長期)を遅らせることで、身長が伸びる時期をより長くして、最終身長をより高くすることができるという考え方です。


睡眠不足や肥満が思春期を早める原因
 欧米人に比べて、日本人は思春期を迎える時期が早いと言われています。テレビやゲームなどをしたり、早くから塾に行くなどして夜更かしする人が多く、それが大きく関係しているという説もあります。また、肥満になることでも、早くに思春期の到来を招いてしまうようです。
 それだけが、思春期を早める原因ではないかもしれませんが、夜はなるべく早く布団に入るようにし、規則正しい生活を心がけて、思春期がなるべく遅くに来るようにしたいものです。


食べ過ぎダメ、不足もダメ! 大切なのは栄養バランス
 普段の食事が食べ過ぎであり栄養の過剰摂取状態となると肥満となり思春期を早めてしまうため最終身長が低くなってしまいます。しかし、逆に普段の食事が不足していると成長に必要な栄養が足りないと身長の伸びが悪くなりこれも最終身長を低くする要因となります。食事の量に関しては子供の食欲にも関係するので、さじ加減が難しいころですが、小さい頃はいっぱい食べさせても、小学生になり思春期が近くなったら肥満には気を付けた方が良いでしょう。


思春期を早めず、最終身長を伸ばすためには、栄養バランスが大切
 そして、食事の量よりも大切なのが食事の質、つまり、栄養バランスがとれた食事を心掛けることです。特定の食品に偏ることなく、肉や魚や野菜・穀物まで数多くの種類を取り入れることがポイントです。食事だけでは栄養分が不足してしまうときにはサプリメントを利用しましょう。身長を伸ばす子供向けのサプリメントなどが数多く発売されています。


関連ページ
身長を伸ばすのに有効なサプリメント



↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.