骨端線があれば身長は伸びる 〜 子供の身長を伸ばすには



骨端線があれば身長は伸びる

kotsutansen_zu.png
 「骨端線」ってご存知ですか?「骨端線」とは、骨の先端と幹をつなぐ接合部の線で、骨の長軸方向の成長が起こる部分のことだそうです。レントゲン(X線)で見ると、大腿骨や上腕骨の末端に亀裂のような線が確認できますが、これが「骨端線」です。

 成長期の骨端線は柔らかく、そこに骨組織が積み重なって骨が長くなります。しかし、年齢を重ねてある程度の時期になると、その骨端線付近の骨は硬くなり骨単線はほとんどなくなります。そうなると、骨の成長がとまり、それ以上、身長は伸びなくなるようです。要するに、「骨端線」と言うのは、身長がまだ伸びますよという目印のようなものということになるでしょうか。


骨端線はいつまであるの?
 骨端線が確認出来なくなるのは、男性の場合多くは17才前後・女性の場合は15才前後と言われているようです。しかし、20才を過ぎても骨端線が残っている人もいて、身長が伸びる場合もあります。

成長ホルモンは骨端線がある間に!
 人の成長を促進する成長ホルモンですが、身長を伸ばすためには骨が成長するための骨端線がある時期にこそ摂取する必要があります。体内での成長ホルモンの分泌を促進するHGHデルタバランス や、成長ホルモンを補給する成長ホルモンスプレーなどがありますが、身長を伸ばす目的ならば骨端線があるうちに使用しましょう。

身長の伸びが悪いときはレントゲンで骨端線を見ることも
 骨端線はレントゲンで確認できますので、「うちの子身長が低いのだけれど、大丈夫かしら」とあまり心配されるようでしたら、小児科の先生か整形外科に行って撮ってもらうといいかもしれません。しかし、普通に成長している場合などは、レントゲンで撮影してもらえない場合もあるようです。仮にレントゲンで撮ってもらったとしても、あくまで一つの目安にしかならないと思いますので、やはり早寝・早起き・運動・食事を大切にして、規則正しい生活習慣を続けていくことが大切ですよね。


骨端線から伸びる骨、必要なのは栄養・睡眠・運動
 骨を成長させて身長を伸ばすためには、カルシウムやタンパク質や亜鉛などの栄養素が骨端線に十分に供給されることが重要です。カルシウムは吸収率が低いため、子供たちには不足がちとなります。栄養バランスのとれた食事を心掛け、不足している場合は子供向けのサプリメントで補うのもよいでしょう。
 骨端線の成長には十分な成長ホルモンが必要です。成長ホルモンは深い睡眠状態に入っているときに多く分泌されるので、身長を伸ばすためには十分に睡眠時間をとり熟睡することが大切です。
 運動により適度な刺激を骨端線に与えることが、骨の成長を促進させます。ウォーキングや縄跳びやバスケットなど、適度な運動を心掛けましょう。


関連ページ
身長を伸ばすのに有効なサプリメント




↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2017 子供の身長を伸ばすには All Rights Reserved.